ゴルフ肘でお悩みの方へ

ゴルフ

ゴルフに熱心な方で、「スイングすると肘が痛む」とおっしゃる方。それはもしかすると「ゴルフ肘」かもしれません。

はじめはゴルフ中に肘が痛む程度ですが、重症化してくると腕を曲げるだけで痛んだり、ねじる動作がつらいと感じたり、肘を押すと痛みを感じるようになってきます。そうなるとゴルフを楽しめなくなる以前に、日々の生活にも大きな影響を与えてしまいます。

そうなる前の予防が大切ですが、痛みがひどいときには東洋医学の施術もおすすめしています。

ゴルフ肘の正式名称は「上腕骨内側上顆炎」

肘痛

本来の名前は「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」と言います。上腕骨内側上顆というのは肘の内側にある部分のことで、ここに負荷をかけ続けることで疲労が溜まり、炎症が起きます。この状態のことを上腕骨内側上顆炎と言います。

普段の生活ではあまり酷使することがない上腕骨内側上顆部ですが、ゴルフでよく使う腱ということでゴルファーが発症しやすいため、「ゴルフ肘」と呼ばれるようになりました。

ゴルフ肘の原因は崩れた姿勢?

説明

ゴルフボールを打ったときにビリビリとした衝撃が走ることから、その衝撃がゴルフ肘の原因だと思われる方もいますが、実はゴルフ肘の原因は、肘に無理な負担がかかるスイング姿勢を続けていることであるケースが多いのです。

例えば以下のようなフォームになっていないでしょうか?

  • 肘を脇から離してスイングする
  • 手首を使ってスイングする
  • 体の回旋をうまく使えていない
  • 手打ちを避けるために肘から下に力が入りすぎている

このようなスイング姿勢は肘へ負担がかかりすぎるため、疲労が蓄積される原因になります。

病院では改善されないケースも

レントゲン

病院で治療を行う場合、肘関節注射を使うことが多く、特に強い炎症が見られるときはステロイド注射となる場合もあります。どちらにせよ肘という部位のみに焦点を当てて治療を行うため、「治療後も痛みが改善されない」といって当店に足を運ばれる方は少なくありません。

東洋医学的な立場で見ると、痛みが改善されないのは有り得ることだと思わざるを得ません。なぜなら、肘の痛みに対して根本的な解決に取り組んでいないからです。

ゴルフ肘の根本的な問題は体の機能低下?

気血水

肘に疲労が溜まり、炎症を起こすのがゴルフ肘です。ならば、炎症を治療しても疲労が溜まれば再発するだろう、と考えるのが自然だと思います。もちろんゴルフのスイングフォームを改善していただくことも大切ですが、もう一つ大切なのが、体の機能低下に目を向けてみることです。

東洋医学では、「気・血・水」という考え方があります。肘を痛めるということは肘の周辺の「気と血」の巡りが滞っている可能性が高く、その体内の循環を正常に戻すことで疲労を癒やします。そして、内臓へアプローチをかけ、臓器の機能を向上させ、健康な体を取り戻すお手伝いをしていきます。

鍼灸による自然治癒力への働きかけ

お灸

それを具体的に施術として落とし込んだのが鍼灸です。4000年以上前から伝えられてきた伝統医学で、鍼や灸を使って内臓へ働きかけることで、人が本来持つ自然治癒力を高めます。

特に当店で実施している「経絡治療(けいらくちりょう)」は、気や血の通り道である「経絡」上にあるツボ「経穴」に直接刺激を与えます。効率的なアプローチで、痛みも熱さもないのが当店の鍼灸施術の特徴です。

ゴルフ肘でお悩みの方は他の不調も?

胸が痛い

ゴルフ肘になるということは、体が弱っている証拠ともいえます。日頃何気なく感じている不調は、ご本人にとっては当たり前のように感じてしまい、慢性化しているケースが多いものです。

例えば以下のような症状はありませんか?

  • 鼻炎、喘息
  • 便秘、下痢
  • 肌荒れ
  • 夜の寝つきが悪い
  • 月経痛など生理の症状が重く感じる

こうした症状は、ゴルフ肘でお悩みの方に多くいらっしゃいます。鍼灸施術を行うときには、まずカウンセリングで上記のような症状がないかなども詳しくお伺いしています。それから施術を行うことで、ゴルフ肘だけでなく全身の不調を取り除けるような施術を心掛けています。

実際、施術を行った後は「肘の痛みだけでなく体の調子も良くなった」という声もたくさんいただいております。

【動画】ゴルフ肘の治し方について

統括院長 石丸の解説

大好きなゴルフを長く続けるためにも、まずはカウンセリングへ

ゴルフ女子

ゴルフ好きな方がゴルフをいっときでも中断することは、とてもつらい選択だと思います。しかし、痛みがあり炎症が認められるうちは、病院へ行って痛みが引いたからといってすぐにゴルフへ行くことはやめたほうがいいでしょう。繰り返すと、ゴルフが続けられない体になってしまう可能性があるからです。

  1. スイング姿勢を見直してみる
  2. ゴルフバットを持たず素振りで軽い練習を行う
  3. 鍼灸で体の調子を整える

こんな風に過ごしていただけたら、きっとより長く、楽しいゴルフ生活を送ることができると思いますよ。

当店の技術は多くのメディアで紹介されています

スタッフ全員が国家資格を保有しています

当日予約も承っています