鍼灸を初めて受ける方へ

初めての鍼灸

東洋はり灸院はすべてのお客様が安心して鍼灸を受けられるよう

カウンセリングから丁寧に施術を行っています。

ご質問や不明な点、心配事などはどうぞお気軽にお問い合わせください。

鍼灸は怖くありません!

鍼灸というと鍼やお灸を使って施術を行うため「痛そう」「熱そう」といった心配や、本当に効果があるのかと不安に思う方もいるかもしれません。しかし鍼灸と一言でいってもさまざまな流派があり、当店は1400年以上の歴史を誇る伝統的な流派に属しています。

とりわけ当店の鍼灸は、刺激が少なく小学生でも無理なく受けることができます。なぜ刺激が少ないかというと、施術には極細で人体に優しい鍼とほんのり温かみのある最高級のもぐさを使用したお灸を用いているからです。

鍼の比較はり(爪楊枝との比較)

刺さない金の鍼金のはり(主に小児鍼に使用)

銀の鍼体に優しい銀のはりもぐさ国産のもぐさ

洗練された技術と経験により、鍼を打つ深さも5mm程度のため出血や痛みもほとんどありません。東洋医学の本物の鍼灸は、体に負担のない施術で症状を改善へと導いていきます。

鍼灸はどうして身体に効くのですか?

気血水

わたしたちの身体には縦横無尽に「経絡」という、「気」「血」「水」が流れる管があります。経絡がスムーズに流れていると健康が保たれ、流れが滞ると身体に不調が現れるというのが東洋医学の考えです。

経絡の滞りは、経絡上に点在するツボ(経穴)に鍼やお灸で刺激をすることでエネルギーの流れを取り戻して症状を和らげてくれます。電車で例えるなら経絡は線路、ツボは駅のような存在で、各駅や線路を整備することで電車(気・血・水)を走りやすくしてあげるのです。

当店の鍼灸と他店との違い

説明

鍼灸を扱うお店は数多く存在しますが、当店は鍼灸のみを扱う鍼灸の専門院です。マッサージなどの慰安行為でごまかしをしない、鍼灸のみを行う鍼灸院は全国にわずか2%しかないといわれています。

いうなれば残りの98%の鍼灸院は、ラーメン屋でスイーツも提供しているようなものなのです。あれもこれもと手を出している店はレベルが低くなりがちで、本物の鍼灸を受けられるとは言い切れません。

その点、当店の鍼灸は国家資格を持ったプロのスタッフたちが、経験と実績を積み重ねて提供する本物の鍼灸施術です。伝統的な鍼灸は低刺激で高い効果を挙げられることが特徴のため、鍼灸院を選ぶのであれば鍼灸の専門院を選ぶことをおすすめします。

当店の施術の流れ

東洋はり灸院大津石山院

当店に初めていらっしゃるお客様は、予約時間の10分前までにご来店ください

初回は緊張や不安が大きくなるものです。少しでもリラックスして施術が受けられるよう、お時間に余裕をもってご来店いただくことをお願いしております。

①お着替え

ベッド

当店では施術用に短パンとTシャツをご用意しているため、手ぶらでご来店いただいて大丈夫です。カーテンで仕切られたベッドでお着替えいただき、終わりましたらスタッフへお声かけください。

着替えはご持参いただいても構いませんが、施術がしやすいように少し大きめのTシャツと短パンをご用意いただけると幸いです

②カウンセリング表のご記入

カウンセリングシート

初めての方はカウンセリング表のご記入をお願いしています。

施術前のカウンセリングはこのカウンセリング表を元に行われ、お客様の症状によって施術の内容や時間が異なります。

③施術

経絡治療

はじめに東洋医学の伝統的なカウンセリング法である四診法(ししんほう)を用いて、お客様の症状や状態を的確かつ丁寧に診断していきます。
ご不明点や不安なことなど、何でもお気軽にご相談ください。

カウンセリング後はお客様の症状に合わせて、経絡治療と呼ばれる鍼灸施術を行います。

④セルフケアの指導

鍼灸施術

施術後の身体をお客様自身で維持できるよう、当店ではセルフケアの指導も行っています。また、初めての方にも安心して通ってもらうために鍼灸や東洋医学についてのパンフレットや冊子もお渡ししています。

パンフレットは施術頻度やめんげん反応について記載されていて、冊子は東洋医学に基づく食事法や生活習慣をまとめた当店オリジナルのものです。

施術を受ける回数やタイミング

ポイント

施術期間は人によりさまざまで、不調の度合いによっても異なります。

施術の効果は早い人で施術直後から、慢性化した症状の場合は少しずつ効果を実感される方が多いようです。そのため施術の回数は1回で終わる方もいれば、数回施術が必要なこともあります。

一般的には症状が改善されてきたら週1回から隔週へ、さらに1ヶ月に1回のペースになど、様子を見ながら通っていただくことをおすすめしています。

鍼灸を受けた後に気をつけること

注意点

施術後は血流が良くなっているため、飲酒や入浴に注意が必要です。飲酒はお酒が回りやすくなるので、いつもより控えめにしたほうがよいでしょう。入浴はのぼせやすくなるため、長時間のお風呂は控えるのが無難です。

食事は軽めなら直後でも問題ありませんが、しっかりとしたものは施術後30~60分空けたほうが胃腸の受け入れ態勢が整いやすくなります。また、症状が重い方や疲れがたまっている方はだるさが出やすくなるため、施術をした日はゆっくり休むようにしましょう。