小児はりについて

小児鍼

小児はりとは

小児鍼

大人に使う鍼と違い小児用の“皮膚を優しくこするタイプの鍼”を使います。ソフトな刺激ですので施術中は痛みを感じることもなく、安心して寝てしまう子も多いです。

病気になりにくいカラダづくりや、夜泣き、おねしょなどの施術にも対応できます。育児がしやすく家庭が健やかに安心して生活できるようサポートするためのものです。               

小児はりで扱うはりと施術法、通う頻度

刺さない金の鍼

皮膚に刺さないテイシンと言われる“金のはり”で、ツボを優しく撫でます。お子さまは痛みを感じることなくとても気持ちのよい施術です。

夜泣きやおねしょなど症状が強い場合、最初は週に2回ほど、間隔を空けず受けていただきます。症状が改善してきたら「週に1回」「2週に1回」と間隔をあけていきます。

【動画】小児鍼の施術風景

小児はりは多くの場合、このように施術していきます。

※施術効果には個人差はございます

小児はり 対応する疾患

夜泣き、かんの虫、食欲不振、便秘、下痢、風邪ひきやすい、夜尿症、アトピー、小児ぜんそく、肩こり、頭痛、鼻炎、腹痛 など

小児はり 導入に対する思い

吉澤代表

家族が健やかに安心して生活できることが大切です。そのためには家族の生活リズムを整える必要があります。食事の時間や寝る時間などの生活リズムが体調を整えるのです。

しかし、育児の負担や心配が大きければ難しくなります。それをサポートするのが私たちの仕事だと考えております。

小児はりの料金

初回検査料 ※12,000円(税込)
小児鍼 実費(20分~30分)3,250円(税込)
合計5,250円 → 4,250円
割引キャンペーン価格(税込)

※1 初回のみ。最終来店日から1か月以上空きますと再検査料500円(税込)を頂戴しております。
※赤ちゃんから小学生までが対象です。

【Q&A】よくある質問

質問と回答

何歳から施術を受けることができますか?

東洋はり灸院ではお子さまの安全も考慮し、首がすわってからの施術を推奨しています。対象年齢としては、生後3ヶ月から小学校6年生までが対象です。

施術時間はどのくらいですか?

施術時間は大人と違い、目安は10~20分程です。中学生1年生から大人と同じ一般施術になります。

小児はりを受けてはいけない時はありますか?

38℃以上の発熱時は、病院へ行くことをオススメします。

おわりに(親御さまへ)

親子

夜泣きやかんの虫、寝つきが悪いなど、病気ではないけれど成長の妨げとなる症状もたくさんあります。その中で親御さんも思わず怒ってしまったり、ストレスに感じることも少なくないかもしれません。

小児はりはツボを優しく撫でるだけで自律神経を整えることができ、気分が安定してきます。

当店では、「親御さんの負担が少しでも減れば」という思いで小児はりを取り入れています。ぜひ一度ご相談ください。

吉澤先生

当日予約も承っています