不妊改善に向けた 5つのポイント【東洋医学の観点から】

妊娠率

不妊専門鍼灸

開業当初

喜びの声

不妊症体質でも、ここなら子供が授かれます!神奈川県にお住まいのY.H様(30代・女性 ・看護師)

※施術の効果には、個人差があります。
来店のきっかけ

業界的にも珍しく、医者と東洋医学が連携している

不妊以外の症状

肌荒れ、便秘、冷えなど

鍼灸施術を受けた感想

元気な赤ちゃんが生まれ、冷えや便秘も改善しました。

悩んでる方へメッセージ

全然痛くない鍼で安心でした。不妊で悩んでる方にはオススメです。間違いなく(赤ちゃんが)できます。


妊娠率アップ

新聞

小冊子

あなたは以下の項目・症状に、いくつ当てはまりますか?

  • 「妊活を初めて2年以上経つけれど妊娠しない」
  • 「妊娠を希望しているけれど妊娠できるか不安」
  • 「原因不明の不妊に悩んでいる」
  • 「不妊治療をしていてステップアップを考えている」

可能性

子どもを授かりたいと妊活中の方が少なくありません。西洋医学でもさまざまな方法が提案され、試みがなされていますが、東洋医学にも妊活に効果ありとされる方法がいくつもあります。

ここでは、ツボや漢方、食事、運動、睡眠など、日常的にご自宅でも試せる内容も組み込んで、東洋医学的な観点から不妊改善のポイントをお話しします。

まずはこちらからご覧ください。

東洋医学が捉える不妊の原因

不妊の原因

東洋医学では、不妊の原因を「瘀血」「血虚」「腎虚」「冷え」「健康体」にあるとします。それぞれについて詳しく説明していきましょう。

瘀血(おけつ)

「瘀血」は、血液が汚れていたり、血液がしっかり循環していない状態を指します。車にたとえるなら、ガソリンが汚れているようなもの。新車であっても、汚れたガソリンで満たしたら銚子が悪くなるように、血が汚れていたりしっかり循環していない状態では、妊娠しにくくなります。生理痛が強い人は、瘀血体質と考えて間違いないでしょう。

血虚(けっきょ)

「血虚」を簡単に言うと、栄養不足の状態です。車にたとえるなら、ガス欠で走れないようなもの。血虚体質の人は、走れない車と同様、身体がしっかり働かない状態にあるため、子どもが授かりにくいのです。

腎虚(じんきょ)

「腎虚」は、生命力が弱っている状態を指します。ご高齢の方はその大多数が腎虚の状態と言ってよく、新しい生命を作り出すことができません。このため、腎虚体質の人は不妊状態に陥りやすくなります。流産を繰り返す方は、腎虚を疑うべきでしょう。

冷え

「冷え」は、手足の末端や下半身が冷えている状態です。血液はそもそも、心臓から流れて手足の末端までいき、心臓に帰ってくるものですが、その過程で子宮卵巣の付近も通っています。手足の末端や下半身が冷えていると、子宮卵巣も冷やされることになり、働きがにぶくなります。これが、不妊症へとつながるわけです。

健康体

妊活している方に冷え性や肩こり、腰痛、鼻炎花粉症、不眠、頭痛、生理痛、子宮筋腫といった不調があると、身体は100%のパフォーマンスを発揮できず、妊娠しづらくなります。東洋医学では、健康な男性と女性の間に子どもができると考えます。妊活中は妊娠に直結するようなことにばかり目がいきがちですが、その前に、身体をいかに健康に保つかが重要だということです。


当店に不妊症に悩んでおられるお客さまがおいでになった場合も、一見すると妊娠とは関係がなさそうな症状もすべて拾い、改善していきます。たとえ、肩こりや生理痛、鼻炎などでも、それらの症状があることが土台の悪さにつながります。悪い土台の上にいくらよい家を建てても、家は不安定な状態になります。

まずは健康体を作り、冷えをなくしていくこと。その後、妊活によいツボにお灸して、子どもを授かる身体を作っていきます。

妊活のツボ

お灸施術

では、妊活によいツボにはどういうものがあるのでしょうか。ここでは、「三陰交」と「太渓」「次髎」の3つのツボを簡単に紹介しておきましょう。

1)三陰交(さんいんこう)

「三陰交」は、瘀血や血虚、腎虚、冷えといった症状に効果があるツボとして知られています。このツボを使わない治療院は日本中を探してもないというほど重要なもので、「三陰交」に長期的にお灸することで生理痛がなくなる可能性があります。また、頭痛や肩こり、腰痛、冷えなども症状も軽減します。

2)太渓(たいけい)

「太渓」は腰にあり、腎臓との関係が深いツボです。下半身の冷えや腎虚といった症状に効果があり、体内で水の循環が滞っている人におすすめです。

3)次髎(じりょう)

骨盤にあるツボのひとつが「次髎」です。は骨盤にあるツボです。腰痛など、さまざまな腰の症状を和らげる効果と、腰の血行を促進して冷えを改善する効果があります。

妊活におすすめの漢方

漢方

漢方にもさまざまな種類がありますが、ここでは、妊活におすすめの漢方を6つ取り上げ、簡単に解説いたします。

1)桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

「桂枝茯苓丸」は、瘀血体質の方にとても有効な漢方です。生理痛やのぼせといった症状に大きな効果を発揮しますが、身体が丈夫な方向きの漢方ですので、ご注意ください。

自分が瘀血体質なのかどうかを確かめたいという方は、足の内くるぶし、外くるぶしを娯楽ください。くるぶし周辺の静脈は本来、青っぽく見えるものです。しかし、瘀血体質の方は静脈に少し紫色がかってミミズのように見えるところがあるはずです。この紫がかった血管は細絡と呼ばれており、細絡があれば瘀血体質と考えて間違いありません。

2)加味逍遥散(かみしょうようさん)

瘀血をきれいにしてくれると同時に、PMS、月経前症候群などにも効果があるのが「加味逍遥散」です。多岐にわたる症状に苦しんでいたり、精神症状がある方にも適しています。

3)当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

むくみがあって、瘀血もある方にもっとも有効な漢方が「当帰芍薬散」です。作用としてはやや弱めですが、不妊症の代表的な漢方薬にもなっています。また妊娠した後の安胎薬として妊娠をキープする力もあるとされています。

4)桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

便秘の症状があるなら「桃核承気湯」もおすすめです。妊活の初期に便秘がある場合はこの漢方で排便を促し、瘀血もきれいにしておきましょう。ただし、妊娠後に「桃核承気湯」を服用すると、流産する可能性が高まります。服用する際は十分に注意を払いましょう。

5)八味地黄丸(はちみじおうがん)

「八味地黄丸」は、腎虚や冷えといった症状に有効な漢方です。ご高齢の方がよく飲まれるのは、ご高齢の方に腎虚の症状がよく出るから。35歳を超えて妊活をしている方にとってはとてもおすすめの漢方で、男性不妊にも効果があります。

6)補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

「補中益気湯」には免疫を高める効果があります。がんの予防のため、もしくはがん手術後の免疫力アップを狙って「補中益気湯」を服用することがあるほどで、男性不妊にも効果があります。

妊活中におすすめの食べ物

料理

食生活も、妊活にとってはかなり重要です。当店にも妊活中のお客さまが大勢おいでですが、妊娠するまでに少し時間がかかっても妊娠される方と妊娠されない方の分かれ目は、食事内容にあるのではないかと考えています。

ここでは、身体の健康を考えるうえで大切な7つの食べ物を取り上げ、おすすめする理由を解説していきます。

1)玄米

玄米

まずおすすめしたい食べ物が、玄米です。

玄米は、白米などと異なり、一粒ひとつぶが生きています。東洋医学では古来、生きているもの、食べ物の生命をいただくことで新しい生命が芽生えると考えてきました。新しい生命を宿すために玄米をおすすめするのは、そういった考え方が基本にあります。また玄米は、白米よりも栄養価が高いという点でも非常におすすめです。

玄米がうまく炊けない、玄米の味が苦手だという方は、私がアップしている動画(『玄米の意外な注意点とは』・『玄米のおいしい炊き方』)をご覧ください。身体によく、栄養価が高い玄米を美味しく食べるための一助になるはずです。

2)小魚

小魚

小魚もまた、生命をいただくという意味で非常に大切なものです。頭から尾まで丸ごといただくことができ、たくさんの命をもらうことができます。対して、マグロの刺身やタイといった大きな魚は、切り身でいただくのが主。ひとつの生命の一部分だけをいただいているにすぎません。せっかくなら、頭から尾までを食べられる、小魚を選ぶのがおすすめです。

3)海藻

海藻

妊活中の方の食べ物として海藻をおすすめするのは、海藻を摂っても、身体が冷えすぎたり温まり過ぎたりしないからです。

東洋医学では、食べ物を陰と陽とで分けます。陰の食べ物は身体を冷やし、陽の食べ物は身体を温めるのですが、重要なのはその中庸をとること。要は、バランスが大事だということです。先に挙げた玄米や会葬は、中庸の食べ物として位置づけられています。

お味噌汁に入れるなどして、日常的に海藻を摂るよう心がけましょう。

4)ごま

ごま

東洋医学では、身体をコントロールする臓器を5つに分けて考えます。腎をそうした東洋医学的な観点から見ると、生命エネルギーを貯蔵するところ。また、5つの臓器にはそれぞれの色が決められていて、腎は黒色との関連が深いとされています。

ごまは活力増強効果のある食べ物ですが、その中でも特におすすめなのは黒ごまです。黒ごまを摂ることで、泌尿器や生殖器系の働きが高まるとともに、不妊症の改善にもつながります。

5)種子

種子

また、ひまわりの種など、種子類も意識して摂るようにしましょう。これは、種を食べることで生命をいただくことに等しいから。生命を食すことが、新たな生命を宿すことにもつながると考えるからです。

6)豆腐

豆腐

豆類もぜひ摂りたい食べ物ですが、せっかくなら、納豆や味噌といった日本の伝統的な食べ物で摂取しましょう。発酵食品である納豆や味噌は、身体によいのに加えて、中庸の性質を持っています。

7)三年番茶

茶

飲み物としておすすめなのは、水もしくは三年番茶です。三年番茶には身体を温めてくれる効果があり、農薬も使われていません。インターネットなどでも購入できますので、ぜひお試しください。

妊活中には避けておきたい食べ物

鍼灸師

妊活中にぜひ食べたいものがある一方で、避けておくべき食べ物も存在します。ここでは、食べるべきではない食べ物を挙げ、解説していきます。

1)白砂糖

白砂糖

白砂糖は、身体を非常に冷やす食べ物です。極陰とも表現されます。尋常でなく身体を冷やすうえに、血液を汚してしまうため、白砂糖を摂るのはやめておきましょう。

ほとんどのお菓子には白砂糖が入っています。お菓子は基本やめておくこと。どうしても食べたいのなら、いつもの8割減を目指しましょう。甘さがほしい場合は、てんさい糖がおすすめです。

2)牛肉

牛肉

東洋医学の観点では、肉食をあまりよく考えません。「腐」という字が、「府」に「肉」と書くのは、内臓が肉で腐るから。「府」は、五臓六腑の府であり、内蔵のことです。

日本人は、長い歴史の中でも肉を食べずに過ごしてきました。どうしても肉が食べたいという場合は、少量でも食してきた鶏肉がおすすめです。肉食の割合としては、鶏肉90%、豚肉9%、牛肉1%ほどを目安にしましょう。

3)乳製品

ミルク

ヨーグルトや牛乳といった乳製品には、血液を汚す働きがあります。

日本人は伝統的に、乳製品を摂ってきませんでした。牛乳を分解させるラクターゼという酵素も持ち合わせておらず、牛乳を飲むとお腹を壊す人も少なくありません。これは、牛乳が身体にとっては異物だと見なされていることの証。消化不良にもなっています。

発酵食品を摂りたいなら、納豆と味噌と醤油で十分です。身体を冷やさず、お腹を壊さないためにも、ヨーグルトや牛乳などは避けておきましょう。

4)身体を冷やす果物

バナナ

東南アジアなど、暑い国が原産のフルーツには、バナナやパイナップル、キュウイなどがあります。これらの果物には身体を冷やす効果があるので要注意です。

これとは逆に、寒い時期に採れるリンゴやミカンなどには身体を温めてくれる効果があります。

運動について

エクササイズ

妊活中の運動なら、腎臓の働きを高めるスクワットがおすすめです。スクワットは、重力に対して垂直に屈する動き。これは、歳を重ねるにつれ身体が曲がり、前かがみになるのを、背中をぴんと真っ直ぐ上にのばす動きです。これによって、腎臓の働きや生命力が強化できます。

また、地面に対して垂直に上がっていく運動として、階段を上るのもいいでしょう。エレベーターなどを極力使わず、階段を使うことで、妊活に効果があります。

さらに、大股で歩く、股関節を伸ばすことも意識してみましょう。大股で歩くと、腸腰筋という筋肉が伸び縮みします。それによって、近くにある卵巣や子宮などが刺激され、血流も良くなります。その意味でも、股関節を伸ばすようなストレッチがおすすめなのです。

睡眠時間について

睡眠

睡眠におけるポイントは、午前1時から3時には必ず寝ているということ。この時間帯は、東洋医学において、肝臓が働く時間です。

1日24時間を六臓六腑の12の臓腑で分けて考えて、それぞれの臓腑がよく働く時間が決まっています。2時間ずつのバトンリレーで身体を動かしているわけですが、血液をきれいにしてくれる肝臓が働くのが、午前1時から3時。日中に活動したり、食べてきたものを処理する時間でもあります。

この時間にしっかり睡眠をとっていない場合、身体をきれいにするタイミングを失うことに。身体がきれいにならない状態が続くと、瘀血体質になって身体が冷える、身体の調子が悪くなることにもつながります。この時間にしっかり眠ることは、男女を問わず重要です。

また、1日の睡眠時間にも気をつけましょう。睡眠している状態を携帯電話でたとえると、充電している状態。携帯電話でも、充電しきってから持ち歩くほうがいいように、身体もしっかり充電しきってから動くほうがいい。充電しきれてない状態で動くと、腎虚につながります。WHOでも6時間から9時間の睡眠時間を推奨していますし、1周1.5時間の眠りの周期を意識しながら自分なりの眠りを探るのもよいでしょう。

健康な男女であれば、妊娠することは可能です!

説明

あらゆる症状の根本改善を得意とする東洋はり灸院では、不妊鍼灸で身体を内側から整え、妊娠しやすい体へ体質改善を目指します。

不妊鍼灸によって妊娠率が向上したというデータは数多くあり、不妊治療専門の病院でも推奨されはじめています。多くのお客様を妊娠へと導いた東洋はり灸院の不妊鍼灸は、不妊に悩むすべての方々へおすすめできる施術です。

東洋はり灸院の不妊鍼灸について

鍼灸施術

東洋はり灸院でも東洋医学に基づいた不妊鍼灸を行い、妊娠しやすい身体づくりを行っています。

東洋医学の立場から見ると不妊の原因は一人ひとり異なるため、当店では原因究明とオーダーメイドの施術でアプローチをしていきます。不妊を改善するにはまず、器となる身体をよい状態に持っていくことが重要です。

健康で妊娠しやすい体質づくりのために、東洋はり灸院では以下の3つを重視した施術を行っています。

①冷え性を根本から改善

冷え性

女性を悩ませる症状としてよく挙げられる冷え性は、女性特有の病気の根本的な原因となっている可能性があります。

東洋医学で特に問題視するのは下腹部や腰部、臀部から足先にかけての冷えです。なぜならこの部分の冷えは生殖器系が機能していない証拠、つまり妊娠しにくい状態といえるからです。

冷えの原因を東洋医学では「気血の巡りの滞り」だと考えます。エネルギーや血液がうまく循環できないと、妊娠に必要な栄養素や酸素を妊娠に必要な組織へ送ることができなくなります。この状態が続くと不妊体質になってしまうため、早期の冷え性改善が必要となるのです。

②内臓の冷えを解消

内臓の冷え

内臓の冷えはイコール生殖器系の血液循環の滞りにつながります。西洋医学で内臓の冷えはまったく重要視されていませんが、受精卵が着床して育つために絶対に必要なのは生殖器系の血液循環です。

東洋医学に基づく鍼灸施術では、五臓(肝・心・肺・脾・腎)にアプローチをかけて内臓の冷えを改善させることができます。

③健康な身体へ導く

健康な女性

妊娠は健康な男女であれば誰でも自然にすることができます。ただし、ストレスの多い環境で暮らし、食生活の乱れた現代人が健康であることは実は難しいことです。

当店の鍼灸なら、不調に働きかけて健康でエネルギッシュな身体へと体質改善させることができます。生命力が高まれば妊娠しやすい身体となり、おのずと妊娠率もアップしていくのです。

不妊鍼灸についてのよくあるご質問

質問と回答

ここでは不妊治療についてお客様から寄せられた質問にQ&A形式でお答えしています。ぜひご一読ください。

不妊鍼灸はいつ頃から始めればいいですか?

一人ひとり体質や年齢、妊活の方法など、人によって条件が違ってくるため一概には言えませんが、私たちは妊娠力を上げるためにより良い状態に体質改善することを第一目標にしています。

体質改善は早くて大体3~6ヶ月の期間が必要です。そのため始めるのは早ければ早いほどよいと思います。

不妊鍼灸で妊娠に至るまでの平均的期間や施術回数はどのくらいですか?

平均的な期間としまして約4~6ヶ月、週に1回のペースとなります。

不妊鍼灸は基礎体温を測る必要がありますか?

あります。基礎体温が低いと冷え性や肩こり、生理痛などさまざまな症状が出てきてしまいます。ご自分の状態を知るためにも基礎体温を測り、低い場合は基礎体温を上げることが大切です。

施術の方法は毎回同じですか?

当店では一人ひとりの症状に合わせて、使うツボや施術法を変えています。その日によって体調が変わるように、ツボもお客様の状態を診て毎回選定しています。

男性不妊の目的はなんですか?

精子の数を正常にし、運動率を上げて妊娠しやすい状態にすることです。鍼灸で自律神経や血の巡りをよくしてホルモンバランスを整えることもできます。

またEDの改善にも効果的です。鍼灸は不規則で忙しい日常生活や、妊活の不安、焦りなどで乱れた自律神経のコントロールするため、ED改善も期待できます。

男性不妊の鍼はどこに刺しますか?(陰部には刺しますか?)

男性不妊に対する鍼灸は、手や足など内臓とつながっているツボに鍼をするため陰部には刺しません。男性の場合も頭痛や腰痛、鼻炎といった不妊以外の症状を改善させていくことで、相対的に精子の数や運動率が上がっていくため全体をみていきます。

おわりに

スタッフ

伝統鍼灸

ここでは、東洋医学的な観点から妊活時に気をつけておきたいポイントをいくつかお話ししましたが、妊活時以外でも、一生涯大きな病気にかからないためには「血液を汚さない」ことが重要です。

血液をきれいにして、健康的な身体になるためにもぜひお役立てください。

子宝サポート

当日予約も承っています