脈診流の鍼灸について

現在は西洋医学が占めている割合の高い日本の医療ですが、当店がご提供する東洋医学は4000年以上の歴史を誇る伝統的な医学です。

近年、東洋医学は再び世界各国で注目を集めはじめています。それは東洋医学が西洋医学では治療することのできない症状や、不得意とされる分野を補うことができるからです。なかでも病気の根本原因を改善させ、症状を再発させない身体づくりを目指す「鍼灸施術」は、東洋医学の真骨頂といえるでしょう。

当店ではこの鍼灸のなかで、もっとも難しく繊細な手技である「脈診流」の鍼灸をご提供しています。

鍼灸における経絡治療について

経絡治療

そもそも鍼灸とは、鍼やお灸を用いて経絡(けいらく)に働きかける施術のことをいいます。

経絡とは体内に縦横無尽に張り巡らされている気や血の通り道のことです。東洋医学ではこうした経絡のメカニズムを用いて、病気の診断や施術を行っています。経絡治療は、この経絡と体表部の接点である経穴(ツボ)に刺激を与え、臓腑に起こる不調を改善へと導いていきます。

電車で例えるならば、ある路線で運転が見合されると他の各線にも影響が出ることを思い浮かべてください。鍼灸は身体を走る電車(気)が滞りなく走れるように、線路(経絡)と駅(ツボ)を整える役割を担っています。つまり経絡の気の流れが悪くなると、心身ともにさまざまなトラブルや不調が起きることになるのです。

気の巡りについて

お灸

普段わたしたちは無意識のうちに「気」にまつわるたくさんの言葉を使っています。「元気」「気分」「気が回る」、そして気に病むと書く「病気」もそのひとつです。

当店のお客さまのなかにも、病院の検査では異常がないのにツライ症状がおさまらないという方がたくさんいらっしゃいます。これは病の本態は気の乱れからきていて、その調整が行えていないためいつまでたっても改善されないからなのです。

気は肉眼では見えませんが、生命エネルギーとして全身を巡り、五臓六腑に大きな影響を与えながら身体の発育、発達に大きく関わっています。
そのため、病んだ気は正常に戻してあげることが大切です。

脈診とはなにか

説明

脈診とは字の通り、脈の強さや速さから身体の状態を診ることをいいます。伝統的な東洋医学の理論でも「脈を診る」ことは重要視されていて、脈を診れば経絡の状態を判断することができるのです。

西洋医学で脈をとる場合、心拍数をみるのが一般的ですが、東洋医学の脈診は平脈(健康脈)か病脈かを判断するために行われます。

平脈は正常な身体の状態、つまり健康な脈を示します。一方、病脈は自然治癒力や免疫力が落ちていて、心身の健康が保てていない状態にある脈のことをいいます。

脈診流の鍼灸の目的は病脈から平脈へ改善し、よりよい平脈の状態へと導くことです。脈診流は施術中でも適切なタイミングで脈をとり、適宜方向性を調整することができるので、お身体の状態に合った施術が受けられることも大きな強みとなります。

「脈診流」鍼灸とその他の鍼灸の違い

インタビュー

脈診流では四診法を大切にして施術を行います。四診とは「望診」「聞診」「問診」「切診」の4つの方法で診断をすることです。

望診は目に見える情報からお客様の肌艶などを診ることで、聞診は聴覚と嗅覚を使って声や体臭を把握、問診は主訴や病歴を尋ねて総合的に判断をします。そして切診は直接身体に触れて脈やお腹を診ることを指し、脈診もこの切診に含まれます。

つまり四診で得られた情報を総合することで、お客さまの五臓(肝・心・肺・脾・腎)のどこに問題があるか把握して施術を進めることができるのです。例えば腰痛で来店された場合は、腰痛の出る背景をみて必要な内臓の働きを向上させることにより腰痛になりにくい体質へ導いていきます。

「脈診流」鍼灸の特徴

脈診

当店の「脈診流」鍼灸は東洋医学の伝統的な手技を要するもので、繊細かつハイレベルな技術が求められます。

まずお客さまの両手首に両手の人さし指、中指、薬指を置いて6本の指で正確に脈をとらえ、脈の質やリズム、バランスなどを把握していきます。さらにそこから一人ひとりの脈の状態を考慮したうえで、平脈へと導く施術方法を組み立てていくのです。これには長年培われてきた鍼灸の知識や経験が求められます。

現代的な鍼灸は筋肉や神経に直接刺激を与えるものもあるため、痛みや刺激に敏感な方は不快に思われるかもしれません。しかし脈診流であれば、経絡を調整するために鍼灸をするため痛みや不快感のない施術をすることができます。刺激が少ないので、お子さまからご年配の方まで幅広い年齢の方がリラックスして施術を受けられるのも脈診流の特徴です。

「脈診流」鍼灸の3つのメリット

鍼灸

①病気の前段階からアプローチできる

東洋医学における最大のメリットは、病気を未然に防げることです。西洋医学が突発性の病気や症状が目で見てわかるもの、ケガなどの対処を得意としているのに対し、東洋医学は病気になる前段階からアプローチをかけ、不調知らずの身体を作ることができます。

病気になる前は、わたしたちの身体のどこかに必ず予兆が現れます。脈診流鍼灸はその予兆を見逃すことなく、適切な施術を行うことで病気の早期発見や未然の対処が可能となるのです。

②原因不明の症状にも有効

症状が出ているにも関わらず、病院で検査をしてもどこも異常が見つからない。このような原因を特定できない不調状態を不定愁訴といいます。

脈診流は脈をとることで全身の状態が把握できるので、病の根本となる原因を特定することができるのです。西洋医学では特定できない原因が究明できることも、脈診流鍼灸のメリットのひとつです。

③一人ひとりに合わせたオーダーメイドの施術ができる

東洋医学は四診法により、お客さま一人ひとりのお身体の状態を正確に診断します。脈診は施術中の脈の変化にも目を向け、施術の途中でも状態に合わせた施術内容に変更することが可能です。

こうしたきめ細やかでお客さまの体質に即したオーダーメイドの施術こそが、病脈から平脈へのスムーズな改善を可能にしています。


腕組

当店の脈診流の鍼灸は、お客さま一人ひとりのお身体や心に寄り添った真摯な施術を大切にしています。お客さまが負担を感じることなく、人間がもつ本来の自然治癒力を引き出し、健康な身体を保つのが脈診流鍼灸の目的です。

私どもは長年培ってきた経験と技術を元に、伝統ある東洋医学の施術により多くのお客さまの不調を改善へと導いてまいりました。長引く不調でお悩みの方、病院や他店の鍼灸に通っても症状が改善されない方は、ぜひ当店の「脈診流」鍼灸をお試しください。

たゆまぬ研鑽を積んだスタッフが、本物の東洋医学の施術をご提供することをお約束いたします。