呑気症でお悩みの方へ

呑気症
  • 「会話の途中でゲップが出そうになることがある」
  • 「ガスが溜まっておなかが張る」

誰しも一度は経験するこのようなお悩みですが、日常的に悩まされているのなら「呑気症(どんきしょう)」の疑いがあります。

今回は、呑気症の原因や東洋医学での改善方法について解説していきますね。

呑気症の症状

ストレス

呑気症になると以下のような症状が現れます。

  • ゲップやしゃっくりが頻繁に出る
  • おなかが張る
  • 頭痛や肩こり

呑気症は空気嚥下症(くうきえんげしょう)ともいい、大量の空気を呑み込むことで胃腸内にガスが溜まる病気です。

たとえば食事のときやツバを飲み込むとき、私たちは無意識に空気を取り込んでいます。少量の空気は問題ありませんが、多くの空気を取り込んでしまうと胃腸内でガスとなり不快な症状が現れます。

呑気症になりやすい人の特徴

げっぷ

呑気症になりやすい人には以下のような特徴があります。

  • 早食い
  • 唾液を飲み込むクセがある
  • 口呼吸

呑気症は体質によるものという考えもありますが、具体的な原因は不明の場合が多いです。

また、歯を噛みしめることが原因の「噛みしめ・呑気症候群」という病気も存在します。こちらはストレスを感じやすい人や無意識に歯を噛みしめるクセのある人が抱えやすい病気です。

西洋医学と東洋医学の改善方法の違い

鍼灸師

西洋医学と東洋医学では、呑気症に対し全く違うアプローチをかけます。結論から言うと、呑気症のような原因がはっきりとわからない症状の改善に向いているのは東洋医学です。

それぞれの改善方法をお話していきましょう。

西洋医学による呑気症の改善方法

呑気症の症状は胃腸に違和感を抱く場合が多いので、病院では消化を促す薬などを処方する場合がほとんどです。精神的な原因が考えられる場合は抗うつ薬や抗不安薬を処方することも。ほかにもマウスピース治療や食事指導を行う病院もあります。

原因がはっきりとわかっていないために、病院での治療に「効果を感じない」と不安に思う方も多いです。

東洋医学での呑気症の改善方法

東洋医学の視点から呑気症をみると、呑気症は「気の滞り」が起きている状態だといえます。よって、「気」の循環を促す施術を行うことが症状改善の近道です。

「気」とは体を動かすエネルギーのこと。体には「気」「血」「水」が絶えず流れており、このバランスが崩れることで体に不調が現れると東洋医学では考えます。

東洋医学で「気」の循環を改善

気血水

当店では気の循環を改善するために鍼灸施術を行います。

当店で行う鍼灸施術は、東洋医学に古くから伝わる「経絡治療」と呼ばれるもの。経絡と呼ばれる「気」の通り道を刺激することで循環を促していきます。

気の循環が滞っているときは、呑気症とともに肩こりや腰痛、婦人科系の不調、冷えなどの症状が出ることが多いです。体の循環を整えると呑気症の改善と一緒にこれらの症状もよくなっていきます。

当店の施術の特徴

当店は全国で2%しか存在しない鍼灸専門の整骨院です。当店ならではの施術の特徴をご紹介します。

国家資格を持つ鍼灸師が施術を担当

腕組

当店に在籍する鍼灸師は全員国家資格を持っています。たしかな技術力でお客様の不調を改善していきますので、なんでもご相談くださいね。

また、施術の前後にはお客様の体の状態や施術の方向性などをしっかりご説明いたします。施術に関してお客様が不安を感じないよう、私たちがサポートしていきます!

自身が本来持つ体の機能を引き出す

瞑想

当店ではお客様自身が持つ免疫力を引き出し、症状が再発しない体を作ることを目標としています。施術にいらしたお客様の症状の改善率は93.7%。ほとんどの方に効果を実感して頂けております。

一時的な痛み止めや気休めの施術ではなく、不調を根本から見直し健康的な生活をサポートします!

痛みや熱を感じにくい鍼灸施術

はり施術

鍼灸施術と聞くと痛みや熱さを連想する方もいますが、実際にはそのようなことはありません。

鍼に関しては、注射針の50分の1ほどの髪の毛より細い鍼を使用するため、刺されるような痛みではなく「ジワー」という鈍い心地よい感覚が残ります。当店では鍼灸施術でよく使用されるステンレス製の鍼のほか、より体に優しい「銀の鍼」や「金の鍼」を使い施術を行うこともあります。

また、お灸も品質にこだわり、国産最高級のものを取り寄せて使用しております。熱さはなく、快適と感じる温度で体を休めて頂けます。「痕が残るのでは・・・」と不安に感じる方もいらっしゃいますが、お灸によって痕が残ることはないのでご安心くださいね。

【動画】呑気症・空気嚥下症について

当グループ代表による解説動画です。よかったら参考にしてください。

統括院長 石丸の解説

呑気症を改善された方と統括院長の対談

※施術効果には個人差がございます。

呑気症でお悩みならぜひ当店へ

スタッフ

呑気症の症状や、東洋医学での施術の方法についてお話しました。

呑気症は原因不明とされることも多く、症状が改善するのか不安に思う方も多数いらっしゃいます。病院に通っていてもなかなか改善しない方は、ぜひ東洋医学での施術も試してみてください。

当店ではお客様の生活習慣や食事なども丁寧にヒアリングし、呑気症だけでなくその他の体の不調もあわせて改善していきます。ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

当店の技術は多くのメディアで紹介されています

スタッフ全員が国家資格を保有しています

当日予約も承っています