流産や不育症について

流産

不妊症に鍼灸が有効なことは今ではずいぶんと浸透しました。しかし、流産や不育症に鍼灸が有効なことを知っている方は意外と少ないです。

東洋医学は時間をかけて行う体質改善が得意です。そのため「今不正出血が起きていて・・・」というお悩みは解決できませんが、妊娠前から赤ちゃんがきちんと育つような身体にしていくことは可能です。

今回は東洋医学からみた流産・不育症についてお話していきます!

流産・不育症と不妊症

産婦人科

流産とは、妊娠22週より前(赤ちゃんが母親の身体の外で生きていけない週数)に妊娠が終わってしまうことをいいます。

対して不妊症とは、思うように妊娠ができない状態のこと。

流産はとても悲しいことですが、不妊症と異なる点として挙げられるのが妊娠自体はできているということ。妊娠できる力は持っているので、きちんと赤ちゃんを育てていける身体の準備さえできれば元気な赤ちゃんを産めるはずです

東洋医学では時間をかけて体質を改善し「流産をしない子宮」を作っていきます。

また、不妊症でお悩みの方も赤ちゃんを授かりやすい身体、そしてきちんと産める身体に体質改善させていきますのでご相談くださいね。

東洋医学からみた流産・不育症の原因

五臓

東洋医学では「五臓」の考え方を基に流産・不育症の原因を3つに分けています。

五臓とは「肝」「心」「脾」「肺」「腎」のことですが、流産・不育症に大きく関わるのは腎、脾、肝の3つです。

腎の不調

東洋医学では妊娠には「腎気」が重要と考えられています。

腎は成長・生殖・妊娠を司る臓で、腎の働きが不足する「腎虚」の状態になると妊娠しにくく、妊娠しても育ちにくい状態になってしまうのです。

腎虚とは腎のエネルギー不足。妊娠には非常に大きなエネルギーを使いますので、腎のエネルギーを高めることで「妊娠する力」「産む力」も高めていきます。

また、腎のエネルギーは生命活動に使われ徐々に消耗されていきます。エネルギーを蓄えるには食事を取り良質な栄養を摂取することが大切です

脾の不調

脾は食べ物の消化をし、気や血の元となる栄養を得る役割を担っています。この気血から腎のエネルギーが作られるため、脾の不調は腎の不調にも繋がっています

冷たい食べ物や暴飲暴食は脾の機能低下を起こすため注意が必要です。

肝の不調

東洋医学では肝は筋肉に大きくかかわっています。

子宮は出産時に赤ちゃんを押し出すために厚い筋肉で作られていますが、この筋肉が出産以外で収縮すると着床した赤ちゃんが子宮外に出てしまいます。

そのため肝の機能を高めて子宮筋が収縮しにくい身体を作っていきましょう。

食事で腎を元気に

食事

東洋医学では黒豆、黒ゴマ、海苔、ひじき、ブルーベリーなどの黒い食べ物が腎を元気にするといわれています。

これらの食べ物は毎日の食事に取り入れることが大切です。毎日摂りやすい味噌汁やおやつと組み合わせると続けやすいですね。

たとえば、

  • わかめのお味噌汁
  • ブルーベリー入りのヨーグルト

などは朝食に取り入れやすいのでおすすめです。

また、塩分の摂りすぎを防ぐために塩分の高い食べ物自体が良くないと思われていますが、天日干しされたミネラル豊富な塩などはむしろ身体に良く腎にとってなくてはならない栄養です

精製された塩化ナトリウムの摂取は避け、ミネラル豊富な自然由来の塩を摂るとよいでしょう。

当店の流産・不育症の改善方法について

はり施術

当店は東洋医学専門の鍼灸院です。当店での流産・不育症の改善方法についてお話します。

丁寧で的確なカウンセリング

流産・不育症の原因は一つではなく、さまざまな要因が絡み合う複雑なものです。まずはカウンセリングでお客様の身体の弱っている部分を見つけていきます。

一見流産・不育症に無関係な症状でも根本の原因を特定する鍵になります。体調に関して不安に思っていることがあれば何でも相談してくださいね。

鍼灸で身体の内側を整える

当店では鍼とお灸を使ってツボを刺激する鍼灸施術でお客様の体質改善をしていきます。鍼灸施術は東洋医学の伝統的な施術方法で、身体の内側のバランスを整え機能を向上させるのが得意です。

鍼灸施術は痛みを伴うイメージがありますが、当店の施術はお子様も受けられるほど刺激の少ないものですのでご安心くださいね。

食事や生活習慣のアドバイス

当店では食事や生活習慣に関する指導も行っております。身体は毎日の食事で作られているため、特に食生活の見直しは体質改善に大きく関わっています。

「自宅でのセルフケアはなかなか続かない・・・」という方でも続けられるように工夫してアドバイス致しますので何でも聞いてくださいね。

【動画】流産・不育症について

統括院長が解説した動画もありますので、ぜひご覧ください。

統括院長 石丸の解説

流産・不育症なら当店にご相談を

女性

流産・不育症は身体面だけでなく精神的な負担も大きいです。「自分のせいで・・・」と責めすぎず、まずは身体を変える方法を一緒に考えましょう。

経験豊富なスタッフがあなたに寄り添った施術を提案致します。まずはお気軽にご相談くださいね。

当店の技術は多くのメディアで紹介されています

スタッフ全員が国家資格を保有しています

当日予約も承っています